MENU

お尻の筋肉をほぐし、血行も促進

筋肉をほぐすことにより、脂肪の燃焼を高め、体の代謝を活発にします。

普段あまり使うことのないお尻の筋肉ですが、ストレッチをすることで柔軟にほぐしましょう。

まず床に座ります。

両足を前にして胡坐をかくようにします。

そのときに両足の裏をつけるようにしてください。

太ももの内側のインナーマッスルが伸びているように意識してください。

この姿勢を保ち、深呼吸しながら30秒間キープしてください。

体に多少の痛みを感じるくらいなら大丈夫ですが、柔軟でない場合には、少しづつ理想のポジションになるまで練習をしましょう。

お尻の筋肉をほぐす効果がとても良いために、血行も改善されて下半身の老廃物の排出も活発になります。

そして立った状態で足を前後に開きます。

前に置いた足はまっすぐ膝を曲げずに伸ばしておきます。

ふくらはぎやお尻のストレッチになります。

足を交代しながら、硬くなった筋肉を柔軟にしていきましょう。

このストレッチは運動をする前に行ってもとても効果があります。

下半身の筋肉をバランスよく使うためにも、筋肉をほぐすストレッチがとても重要です。

柔軟運動は特に下半身のダイエットにも効果がありますので、痛みを感じるぐらいの位置から徐々に柔軟になるように体操をしましょう。

お風呂に入った後は、特にストレッチには最適のタイミングです。

血行が改善されて筋肉も柔軟になりますので、前屈運動など、柔軟運動をして下半身のストレッチを毎日行いましょう。