MENU

たるみの原因「脂肪を」つけ過ぎない食事を心がけよう

毎日の食生活を注意することは、健康のためにも必要ですが、ダイエットやエクササイズをする際にもとても重要になります。

お尻のたるみなど、脂肪がつきやすい部分には食生活にも気をつけましょう。

脂肪を筋肉に変えるためには、たんぱく質が必要になります。

たんぱく質は肉類にも多く含まれていますが、赤身の肉や鶏肉など、脂分が少ないところを食べることが必要です。

そして食物繊維が豊富な豆類もたんぱく質が豊富なことで知られていますが、脂肪分が少ない点などもメリットです。

お尻の肉が気になるということは、体の全体的にもエクササイズが必要な場合が多いのですが、食生活を気をつけることで、摂取カロリーを抑えて、余分な脂肪をつけないように注意しましょう。

気になるものは脂質や糖質です。

油で揚げた食べ物やスナック菓子、そしてご飯や麺類などの炭水化物も、取りすぎは脂肪となってしまいます。

バランスよくするためには、不足しがちな野菜や果物をたくさんとることが必要です。

食事をする順番を野菜からはじめることで、血糖値が急に上がることを防ぎ、体の中で、脂質の吸収を抑えることが出来ます。

そのためにご飯を最後に食べて、おかずから先に食べる方法など、毎日の食生活にちょっとした工夫をすることで、体に脂肪をつけないように予防をすることが出来ます。

特に気になるお尻のたるみには、筋肉をつけてすっきりさせるためにも、食事の内容が重要になりますね。